自臭症

MENU

自臭症とは

自分の体から臭いニオイが出ているのではないか、周りに臭いと思われているのではいかと思い込んでしまう精神的な病気の1つ。

 

ちょっとした他人の動作(例えば、横を向かれたり鼻に手を持って行ったりする)全てに反応して、「臭いと思われているんじゃないか」と思ってしまうことです。

 

自分のワキの臭いが気になる人に特に多くいます。

 

自己臭の方の場合、自分が臭いと思い込んでいますので当然手術などを希望するケースも多くありますが、自分が思い込んでいるだけで実は全然臭ってなかったり、実際に脇を切開してみるとアポクリン汗腺が少なくて手術をするほどでもないというケースもあります。

 

このような自臭症の方の場合、わきがの手術をしてもらえないこともあります。仮に手術を行っても精神的な問題が解決されていませんので「手術したのにまだ臭う」と思ってしまうこともあります。

 

まずはカウンセリングがしっかりしたクリニックで本当にわきがなのかをチェックしてもらいましょう。医師から「手術をするようなワキガではない」と言われたら、自臭症を疑ってそちらの治療を行うようにしましょう。

 

精神科(神経科)の受診を考えてくださいね。